スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■インセプション

個人的評価 ★★★★★★★★★☆ 9/10

inception.jpg

【STORY】
コブ(レオナルド・ディカプリオ)は人が夢を見ている最中に、その潜在意識の奥深くにもぐり込んで相手のアイデアを盗むことのできる優秀な人材だった。彼は、企業スパイの世界でトップの腕前を誇っていたが、やがて国際指名手配犯となってしまう。そんなある日、コブの元に“インセプション”と呼ばれるほぼ不可能に近い仕事が舞い込む。

【インセプション 予告編(日本語字幕あり)】(別窓youtubeへ飛びます)


感覚的に映画を見て楽しむ人には、この作品は絶対面白くないと思います。

どちらかというと、先を読んだり、考えながら映画を見る人には強くお勧めできます。

時系列、この場合は「断層」というべきしょうか、複数の精神世界≒夢を並行して進めているので、

途中ちょっとトイレに行ったり、居眠りをすると意味が分からなくなります。

また、初めの30分前後に世界観の説明がなされているので(時間軸の流れ・トーテム・インセプションetc)

目を凝らしてしっかりと見てください。

もしそういうのが苦手な方で無理だと仰るのであれば、

コブが所持しているコマが「回っているか」「回っていないか」に注目していただくと良いと思います。


設定としては、そこまで斬新ではないにしろ、このように映像化した監督が凄い。

もちろん視覚的に楽しむ事が出来るのですが、ストーリーもそれに劣らず良かったです。

もしあのような装置があれば、夢の世界で自由に動き回り、創造してずっとそのまま居たいものです。

なので、モルの気持ちが痛いほど分かりましたが、子供を残して夢に閉じこもるのは、

自己満足の何物でもないと思いました。

少し内容とはずれてしまいますが現実にも「明晰夢」と呼ばれる

「夢の中で意識を保つ(思い通りに)ことができる夢」があります。

それを「故意」に行って何度も繰り返すと、夢が現実に思えてきて精神不安定になるそうです。

もしかしたら将来現実を捨てて夢で生きられる方法が見つかるかもしれないと思うと、

なんだか非現実とは思えない映画な気がして不気味な感じがしました。


オチに関しては、「シャッターアイランド」と似た感覚。

答えは一つじゃないけど、多分こっちなのかな?というような……。

是非複数の人と見に行って、観賞後にあーでもない、こーでもないと議論を交わしてほしい作品です。


スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。