スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ボーン・コレクター

個人的評価 ★★★★★☆☆☆☆☆ 5/10

borne.jpg

【STORY】
事故によって全身麻痺となってしまった元刑事・ライムは、市民をタクシーに乗せて連れ去り、残虐に殺害している犯罪者からの挑戦を受ける。ライムが捜査のパートナーに選んだのは、若き女性刑事アメリア。彼女の行動力とライムの頭脳で、二人は古書「ボーン・コレクター」をなぞって犯罪を繰り返す真犯人を追い詰める。

【ボーン・コレクター 予告編(日本語字幕なし)】(別窓youtubeへ飛びます)


1999年制作映画というのもありますが、今となっては特に新鮮味のない内容。

開始5分で真犯人がすぐに分かってしまうせいか、

アンジェリーナ・ジョリーとデンゼル・ワシントンの

演技をじっくり見る事ができたのは良かった。


しかし、疑問に思うのが「それだけの理由」で謎のメッセージを残したりと

回りくどい事をして連続殺人をしていた点。

愉快犯ならまだ分かりますが、これは「恨み」の犯行なので、犯人の動機と行動が合ってないと感じました。


また、犯人からのあらゆるメッセージをすぐに解析してしまうのが残念。

もっとアメリアとライムが必死に奔走する展開があってもいいかなぁと個人的に思いました。


スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。