スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■告白

個人的評価 ★★★★★★★★★☆ 9/10

kokuhaku.jpg

【STORY】
とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的な告白から物語は始まっていく……。

【告白 予告編】(別窓youtubeへ飛びます)


ここまで画面に釘づけになった映画は久々のような気がします。

場面とは明らかに合わないBGM、彩度を落とした映像が、陰湿さをより強調させて気味悪い。

舞台となる学校、先生の境遇、親、生徒、いかにも"今時"なのを集結させた設定。

これで何が起こるのかといえば、碌な事になるはずもなく、ただただ堕ちるのみ。



主人公である森口は、生徒たちに"命の尊さ"を教えるために告白をするのですが

それは建前であり、結局のところ復讐するための一つの材料にすぎなかったのではないか

と私は思いました。


そしてこの映画で強く感じたのは、言葉の力。

「皆さんしっかり飲み干しましたね、実はA君とB君の牛乳にはHIV感染者の血液が入っているんです」

この発言が原因で、クラスメイトから避けられ、いじめを受ける生徒。

「あなたは良い子、やれば出来る子」と言い聞かされ、自己愛が異常なまでに強くなってしまった子供。

「こうすればいじめはなくなりますよ?」とアドバイスを受け、家庭を崩壊させた新任教師。

たった一言、それをどう受け止めるのかによって大きく人生が左右してしまう恐ろしさ。

そのまま言われた通りに信じるのではなく、一度自分の中で天秤にかけてみる考え方が必要かもしれませんね。


最後に演出の面で、スローモーションや犯人の精神世界を描くところがありましたが

ちょっとクド過ぎるかなぁと個人的に思いました。

ハッピーエンドが好き!という人は嫌悪感を抱くだけなので見ない方がいいです。

スポンサーサイト

Comment

Secret

No title

はじめまして、maniaと申します。

そうゆう映画があるってのは聞いてたのですが、これだったんですね。バッドエンド物も好きなので、ぜひ観てみたいと思いますw

■コメント返信

>>maniaさん
こちらこそ初めまして!ブログに訪問していただきありがとうございます。

スタイリッシュな映像美と、それに対極するかのようなドロドロした物語が凄かったです。
是非ご鑑賞いただけるとうれしいです><
プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。