スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■モンスターズ

個人的評価 ★★★★★☆☆☆☆☆ 5/10

untitledk.jpg

【STORY】
高校生による銃乱射事件が発生、2人の教師と8人の生徒が犠牲となる。復讐に燃える被害者の父親は護送中の犯人を誘拐し、砂漠の工場跡地に監禁。自らの手で死刑を執行しようとする。しかし、犯人には罪の意識も反省の色も無かった。犯した罪の重さ、奪った命の尊さを教えるため復讐の鬼は、拷問と暴力による恐怖の教育を始める…。

【予告編が見つかりませんでした(´・ω・`)】


パッケージ裏のあらすじで、日本人監督がメガホンを取ったと記載されていたのが、この映画を見るきっかけ。


被害者の父親と、加害者。

二人が密室で"罪"に対する思いや考えをぶちまけているシーンはかなりリアルで、引きつけられました。

また、低予算ながら拷問場面が生々しく、且つドアップで映ります。

結構きつい方もいると思いますのであらかじめご注意を。

内容的には、まずまず、メッセージ性があり、

被害者・加害者の心理描写がよく出来ている半面、カメラワークとテンポの悪さが目立ったのが残念。


多分視聴した方なら分かると思いますが、

「何で早く殺さないの?」

と、感じたかもしれません、私自身不謹慎ながら思ってしまいました。

これは、ある意味視聴者である私達が「モンスター」とも捉えることができる。

もしかしたらこの事を監督は伝えたかったかもしれませんが、グタグタ感は拭いきれなかった気がする。


個人的に、銃乱射事件の回想が映像として組み込まれていると、より話にのめり込めたのではないかと思います。

終盤、加害者がほほ笑みながら呟いた「ありがとう」。

自らの過ちを心から謝ったのか、はたまた死を覚悟して言ったのかは分かりませんが、

観賞後に一番心に残りました。

スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。