スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ベッドタイム・ストーリー

個人的評価 ★★★★★★★☆☆☆ 7/10

20081222004fl00004viewrsz150x.jpg

【STORY】
スキーター(アダム・サンドラー)はパッとしない中年の独身男。甥(おい)と姪(めい)にせがまれて、ベッドタイム・ストーリーを話してあげると、彼らはスキーターの作り話の続きを勝手に創り上げてしまった。翌日、彼らが語った一場面が、何とスキーターの目の前で現実となり……。

【ベッドタイム・ストーリー 予告編(日本語吹き替え)】(別窓youtubeへ飛びます)


ディズニー臭全開の映画です。

理屈が通じない物語が苦手な方にはあまりお勧めできない部類の作品です。


寝る前に話した空想上のお話が本当に起きてしまうという面白い設定。

実のところ「ジュマンジ」みたいに実物が現世に来てしまうのではないか?と

見る前は思っていましたが、本編ではそうでもなかったです。


主人公のスキーターは、最初は空想上の話が現実で起こるなんて信じませんでしたが、

事が重なる毎に段々と"話"に取りつかれていきます。

自分が幸せになれるように話を操作しようとしたり、子供たちに強要したりと

次第に自己中心的な考えで行動し始めます。

それが仇となり、彼の人生は転落していき途方に暮れてしまったところに

父親がスキーターに助言を与えてくれます。

自分の物語(人生)は──

とてもいい台詞だなぁと思いました。

しかしながらそれを実行に移す事ってかなり難しいんですよね……。

分かってはいるけれども無意識に受動的になってしまう自分にもどかしさを感じたり。

子供視点で見れば、想像力を掻き立てるアドベンチャーファンタジー。

主人公視点で見れば、ヒューマンドラマとして見れる映画だと思います。

主人公が何度も口に出す「ハッピーエンド?現実は厳しいものだよ」というのは、

この映画のオチのことを言ってるのかなぁと、勝手に思ったりもしました。


是非「魔法にかけられて」と「ベッドタイム・ストーリー」二本続けて見る事をお勧めします。

スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。