スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■キング・コング

個人的評価 ★★★★★★★☆☆☆ 7/10

20051017004fl00004viewrsz150x.jpg

【STORY】
冒険映画を撮影するために幻の孤島“スカルアイランド”にやってきた監督のカール(ジャック・ブラック)と脚本家のジャック(エイドリアン・ブロディ)、そして女優のアン・ダロウ(ナオミ・ワッツ)は、島で巨大な生き物と遭遇する。

【キング・コング 予告編(日本語字幕なし)】(別窓youtubeへ飛びます)


大抵のリメイク作品はオリジナルを超えるのが難しいですが、

個人的には中々良かったと思います。

前半はアドベンチャー、中盤はグロ、終盤はラブロマンス。

しっかりと脚本が練られていて引き込まれましたが、長いのが難点。

キング・コングをもっと早めに出してあげても良かった気がします。


また、見終わった後に思い返してみたのですが、

谷底で虫達に襲撃されるシーンは、果たして本当に必要だったのだろうか。

耐性のない人にとってはかなりきつい場面だったと思います。

しかしながら、"気持ち悪いと感じさせる"CGの出来は素直に評価できます。


ラストのカールのセリフが、キング・コングが主人公に惚れた最大の理由ですが、

それ以上追及するとキリがないので、そうなんだと割り切った方がいいです。

あの騒ぎの後、多くの人が「キング・コングが美女を連れ去り、街中で大暴れ」

として新聞に載り認知されると思うと、なんだか報われない気持ちになりました。

スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。