スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■フェイク・シティ ある男のルール

個人的評価 ★★★★★★★☆☆☆ 7/10

20081210006fl00006viewrsz150x.jpg

【STORY】
ロサンゼルス市警のトム・ラドロー刑事(キアヌ・リーヴス)は、かつてのパートナーを目の前で殺されたあげく、その犯人を取り逃がしてしまう。ところが、単なる殺人では終わらず、事件の裏には巨悪の陰謀が隠されていた。ラドローは踏みにじられたプライドを懸け、後戻りできない“エリア”に足を踏み入れる決意をするが……。

【フェイク・シティ ある男のルール 予告編(日本語字幕あり)】(別窓youtubeへ飛びます)


「マトリックス」シリーズ……キアヌ・リーブス
「ラストキング・オブ・スコットランド」……フォレスト・ウィッテカー
「ファンタスティク・フォー」……クリス・エヴァンス
「プリズンブレイク」……アマウリー・ノラスコ
「Dr.HOUSE」……ヒュー・ローリー

上記に挙げた有名どころの俳優が出てます、とても豪華です。

話としては、善と悪の板挟みになった刑事が真実を見つめ、解き明かす内容。

複雑に事件が絡み合い、登場人物も大勢出て少し理解しづらいですが、

ちゃんと黒幕が終盤に説明してくれるので、深く考えないで見てもらっていいと思います。

映画の予告編では、ガンアクションを売りに出していますが、

本編ではどっちかというと、クライムサスペンスに近いと思います。

なので、ガンアクションを期待して見ると、ちょっと物足りなさを感じるかもしれません。


そしてなんといっても、主人公のトム役にキアヌ・リーブスを抜擢したのが謎。

もちろん悪くはないのですが、トムの人物像とはズレていると感じた。

スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。