スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ピーターパン

個人的評価 ★★★★★★★☆☆☆ 7/10

20040228001fl00001viewrsz150x.jpg

【STORY】
夢見る少女ウェンディー・ダーリング(レイチェル・ウッド)が子供部屋で寝ていると窓からピーター・パン(ジェレミー・サンプター)が入って来た。ピーターが顔を近づけるとウェンディーが目をさまし、視線が合う……。(シネマトゥデイ)

【ピーターパン 予告編(日本語字幕なし)】(別窓youtubeへ飛びます)


誰もが知っている「ピーターパン」、この映画はウェンディとピータパンの恋を中心に描かれています。

どうやらディズニー制作アニメより、こちらの方が原作に忠実らしいです。

はっきり言って映画は、子供向きではなく、大人向け。

子供が見ても楽しいですが、大人が見るとまた違った観点で見れると思います。

思春期であるピーターパンが大人になることへの葛藤。

そして対極であるフック船長の心情も理解できると思います。


小さいころにみた「ピーターパン」は冒険物として楽しく見ていましたが、

今の年になって見てみると、かなり寂しく、切ない話だったのかと。

よく考えてみるとピーターパンは、今の若者に多い典型的な例かもしれませんね。


余談ですが、「ピーターパン症候群」の紹介。

子供っぽい言動、行動により周囲の人を困らせている大人の男性の事を指す。
後に自己愛、ナルシズムになる可能性がある。
また母性を強くほしがる、母親に甘える傾向がある。

ただし、精神医学出版の診断統計マニュアルには載っていない。

スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。