スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■おくりびと

【個人的評価】★★★★★★★★☆☆ 8/10

20080602009fl00009viewrsz150x.jpg

【STORY】
楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、業務内容は遺体を棺に収める仕事。当初は戸惑っていた大悟だったが、さまざまな境遇の別れと向き合ううちに、納棺師の仕事に誇りを見いだしてゆく。(シネマトゥデイ)

【おくりびと 予告編】(別窓youtubeに飛びます)


アカデミー賞取った作品は、あまり良くないというが俺の中の法則なのですが

この映画は見て良かったな、と思いました。

涙は誘われませんでしたが、胸の奥が熱くなったのは確か。

納棺師の仕事内容、世間・遺族からのバッシング

それでも尚、こうして仕事をし続けるのはすごいと思いました。

宣伝・PVでは静かなシーンがピックアップされてますが、意外とコミカルな部分が多く

笑える場面が多々ありました。

故に納棺するときのシーンの静けさが一層引き立ったのではないかと思います。

多くの人に一度は見てほしい作品です。


スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。