スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ナイトミュージアム

個人的評価 ★★★★★★★★☆☆ 8/10




本当は 映画館で見に行きたかったのですが時間がなかった^^;

しかしながら最近レンタル開始になったので早速見てみることにしました

公式HPhttp://movies.foxjapan.com/nightmuseum/

【STORY】

夜中の自然史博物館を舞台に、
そこで働く夜間警備員の男が体験する不可思議な現象を描いた爆笑コメディ。
『ピンク・パンサー』のショーン・レヴィが監督を務め、
魔法で次々と動き出す博物館の展示物を止めようとする主人公の奔走をテンポよく演出。
夜間警備員に『ミート・ザ・ペアレンツ』のベン・スティラー、
人形のアメリカ大統領セオドア・ルーズベルトにロビン・ウィリアムズがふんし、新旧実力派コメディアンが絶妙な掛け合いを見せる。恐竜が闊歩し、かつての英雄たちが動き出す映像も必見



小学生~中学生にお勧めしたい映画かなぁと思いますね

テンポよく話が進んでいくので見ている人を飽きさせないのがよかった

偉人達もいっぱい出てくるので あの人誰なんだろ? どういう生涯を生きたのかな?

と若い子が興味をそそるような出来になってます

高校生で世界史を選考している人にとっては

あ! あいつじゃん! と思わず声を出してしまう感じ

しかしながら 疑問点が2つ出てくる

一つ目は この映画の設定の上で 太陽の光を浴びると灰になってしまうとのこと

実際話の中で博物館から抜け出したネアンデルタール人一人が

太陽の光を浴びて灰になってしまい消えてしまったが

それは博物館内も同じなわけで 窓側に設置されている 恐竜の模型や

テディ・ルーズベルト大統領も無論 太陽の光を日々浴びているはず

なのに灰にならないのはなぜか? 


2つ目に この模型達の人間は蝋で出来ていること

なのにもかかわらず ネアンデルタール人は火を使って遊んでいたこと

あんた……蝋で出来ているなら溶けるんですけど って突っ込みたくなりました


結構批判しているのに評価が高いのかといえば

DVDレンタルの特典についている 海外ドラマ

「BONES」

公式サイトhttp://www.foxjapan.com/tv/bangumi/bones/

ごめんなさい すごく楽しかった

ナイトミュージアムより そっちの方が印象に残ってしまった

早く続きが見たいが 2話以降のレンタル開始がかなり先みたいです
スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。