スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■美女と野獣(実写ディスニー版)

個人的評価 ★★★★★★★☆☆☆ 7/10

3dc240092ed65f919220e0fb6d8bd1db.jpg

【STORY]】
進歩的な考え方が原因で、閉鎖的な村人たちとなじめないことに悩む美女ベル(エマ・ワトソン)。ある日、彼女は野獣(ダン・スティーヴンス)と遭遇する。彼は魔女の呪いによって変身させられた王子で、魔女が置いていったバラの花びらが散ってしまう前に誰かを愛し、愛されなければ元の姿に戻ることができない身であった。その恐ろしい外見にたじろぎながらも、野獣に心惹(ひ)かれていくベル。一方の野獣は……。


音楽と映像、素晴らしかったです。

家族向けに作られいる分、エンターテイメント性の高い作品に仕上がっていました。

しかし、テンポが良すぎて、肝心のテーマである「愛」を端折ってしまったのがもったいない。

感情移入する前に、ベルが愛を告白して、野獣は王子に戻ってしまい、

「あれ?もう終わり?」と思ってしまいました。

もう少し、ベルと王子が歩み寄るシーンを丁寧に描くと、人間に戻った時の感動がより一層感じられたと思いました。

そしてこの映画の本編は「エンディング」にあり。

エンディングの映像が凝っており、セリーヌ・ディオンの歌声も素晴らしい。

これで終わりと思いきや、立て続けにアリアナグランデとジョンレジェンドのデュエット曲、ジョシュ・グローバンの曲

がフルで聴けるため、ある意味エンディングの方が「感動」する要素があったように思えます。

総合的には素晴らしい作品には違いないのですが、

「感動」という部分からみると個人的には「シンデレラ」の方が感情が高ぶった印象でした。


スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。