スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■LA LA LAND / ラ・ラ・ランド

個人的評価 ★★★★★★★★★☆ 9/10

La_La_Land_(film).png

【STORY】
売れない女優とジャズピアニストの恋を、往年の名作ミュージカル映画を彷彿させるゴージャスでロマンチックな歌とダンスで描く。オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアは、ピアノの音色に誘われて入ったジャズバーで、ピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをする。そして後日、ミアは、あるパーティ会場のプールサイドで不機嫌そうに80年代ポップスを演奏するセバスチャンと再会。初めての会話でぶつかりあう2人だったが、互いの才能と夢に惹かれ合ううちに恋に落ちていく。

予告編→https://www.youtube.com/watch?v=tlyqz57sHgM


予告編を見ると、綺麗でポップなワクワクさせられるようなミュージカルを想像してしまいますが、

前半はまさに「ミュージカル」しかし、後半は「シリアス」な内容になっており、ミュージカルをよくみる人にとっては

少し物足りなさを感じる内容かと思いました。ただ、ミュージカルにあまり親しみのない人にとっては

結構軽く見られるので、万人受けする作品だと思います。

内容に関しては、「王道」そのもの。特に捻りのないラブストーリーなので、頭の中を空っぽにして、

音楽と映像を「感じる」と良いと思います。少なくとも「考える」映画ではないです。

映像の随所に昔のミュージカル映画のオマージュが散りばめてられており、

特にOPから歌って踊ってからのタイトルコールや

終盤の「回想」シーンは代表的かなと思います。(他にももっとあるかと思いますが)

また、何といっても、音楽が素敵です。

もう一回、聞いてみようかなと思う楽曲が多かったので、アカデミー賞の多くの受賞したのは納得でした。

おそらく私の予想としては、数年後にブロードウェイ化されそうな、そんな気がしました。

一度見ておいて、損はないです。ジャズの良さも発見できると思います。


スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。