スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■トゥモローランド

個人的評価 ★★★★★★☆☆☆☆ 6/10

150602_000-580x828.jpg

【STORY】
17歳のケイシー(ブリット・ロバートソン)が見覚えのないピンバッジに触ると、自分が思い描いた別世界へと入り込んだ。バッテリー切れで現実の世界に戻ってきた彼女の前に、不思議な少女アテナ(ラフィー・キャシディ)が現れる。そしてケイシーにトゥモローランドに戻りたいのなら、フランク(ジョージ・クルーニー)という男性を訪ねるよう助言する。


地球の危機を救うために、特別な人を探すアテナ。

条件を満たした機械をいじるのが得意な少女、ケイシー。

さて、何故か彼女が"特別"だったのか。

アテナが言うには、「夢見る人」「諦めない心」。

ケイシーにはそれが備わっているため、地球を救うことが出来る!

と豪語していたわけですが、物語が進めば進むほど

主人公フランクが抱く、「何故ケイシーが選ばれたのか。」

ここにたどり着くわけです。

正直言って、ケイシーは中盤以降影の薄い存在となってしまい、

話の中核となってしまうのは、フランクとアテナの間柄。

いつの間にか、ケイシーの存在ってなんだっけ?

と私は思ってしまいました。

何せ、最後の最後、本当に意味で地球を救ったのはアテナ自身。

序盤であれだけ必死にケイシーを探していたのに、

対した活躍場もなく役目を終えてしまうところを考えてしまうと、

彼女は果たして"特別"だったのかさえ思えてしまいました。

映像や物語自体は面白く、飽きずに見ることが出来ましたが、

やはり気になってしまうのは、ケイシーの存在意義。

彼女の特別なところをもっと作中で描いてくれると、

また違った視点で見られたのような気がします。

スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。