スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■スノーピアサー

個人的評価 ★★★★★☆☆☆☆☆ 5/10

161902_01.jpg

【STORY】
地球温暖化を防ぐべく世界中で散布された薬品CW-7により、氷河期が引き起こされてしまった2031年の地球。生き残ったわずかな人類は1台の列車に乗り込み、深い雪に覆われた極寒の大地を行くあてもなく移動していた。車両前方で一部の富裕層が環境変化以前と変わらぬ優雅な暮らしを送る一方、後方に押し込められて奴隷のような扱いを受ける人々の怒りは爆発寸前に。そんな中、カーティス(クリス・エヴァンス)という男が立ち上がり、仲間と共に富裕層から列車を奪おうと反乱を起こす。


世界観、設定、列車と雪のCGは大変素晴らしいです。

物語の展開も、伏線を終盤でしっかりと回収しているところも良いですし、

話自体は面白かったです。

しかし、主人公であるカーティスの性格や考え方がまったくと言っていいほど、共感出来ません。

副司令官であった、エドガーを平気で見捨ててしまうことが一番ありえない。

というのは、エドガーとの関係をカーティスが後ほど語るわけですが、

それを踏まえると、尚更見捨てたことがありえなく感じてしまいます。

さらに、仲間に"目的を忘れるな!"と怒号を浴びせていた、カーティスも、

最終的に、目的を見失って彷徨う様は滑稽。

見ていて、正直、苛立ちを感じてしまう程です。

オチに関しても、何故あの二人を生存させたのか不明。

希望を持たせる終わり方ではありますが、どう見てもあの後──

と私は、ネガティブなことにしか考えることが出来なかったです。

鑑賞後のモヤモヤとした感じは、多分「ジャンパー」を見た後と似ているような気がします。

両方の作品ともに、

やはり、主人公の設定に問題があったように思えます。


スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。