スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■マーティン・フリーマンのスクール・オブ・ミュージカル/NATIVITY!

個人的評価 ★★★★★★★★☆☆ 8/10

amxfhgjh.jpg

【STORY】
かつて俳優を目指していた小学校教師のポール。彼が務める小学校では、毎年キリスト生誕祭の日に、ライバル校と演劇で対戦するのが恒例行事だった。ある年、その演劇を指導することになった彼は、旧友であるライバル校の教員に別れた彼女ことを聞かれ、思わず「今も交際は順調で、彼女はハリウッドのプロデューサーになった」と嘘をついてしまう。その小さな嘘は次第に大きくなり、いつの間にか誰もが「ハリウッドの人たちが演劇を観に来る」と勘違い。ポールは今さら真実を言うこともできず、そのまま児童たちと一緒に演劇を作ることになるのだが…。

【マーティン・フリーマンのスクール・オブ・ミュージカル 予告編(日本語字幕なし)】(別窓youtubeへ飛びます)


日本にはなじみのない、「イエス生誕祭」を祝う劇をやることになった、元劇団学校出身の小学校教師の話。

友人からの煽りに、小さな嘘をついてしまうが、それがとんでもないことに発展してしまう。

王道を突っ走るストーリー展開なのですが、意外とメリハリがある構成をしているので、

ぐいぐいと物語に引き込まれていきました。

キャラクター設定も面白く、ポピーの存在はかなり大きかったように思えます。

多分、発達障害の方だと思いますが、子供のように純粋、純粋すぎて社会に適応出来ていない彼ですが、

それが逆に、子供の共感を呼び、一緒に演劇が出来たのかと思います。

話の中で、誰が何の役をやるのか、つまり配役を決める場面があるのですが、

みんながみんな、主人公をやりたい!と言い出してしまうところを、先生が上手く説得し、

自分の役割(役)を精一杯頑張るところが、とても良かったです。

演劇の中でも、一人、一つの見せ場があるところもとても素晴らしかったです。

現状、日本ではこのような演劇を行う際、子供達みんなが主人公をやっているところが多いとのことですが、

それは、親のエゴ、学校側の怠慢であり、自分の出来る出来ないを認めて、

割り当てた役をこなすことに意味があるように思えます。それが個性を尊重することに繋がるかと。

笑えて、ちょっぴり切なくて、元気がもらえる作品、

最後の演劇の場面は、本当に楽しいです。お勧めです!

ちなみに私は、この映画の中では、「Sparkle and Shine 」という曲が一番気に入りました。



スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。