スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■バタフライルーム

個人的評価 ★★★★★★☆☆☆☆ 6/10

brfutay.jpg

【STORY】
可憐な独り暮らしを営む老女アン。
ショッピングモールで泣いていた少女アリスに声をかけたことがきっかけで、アリスは度々アンのアパートを訪れるようになる。実はアリスは婦人の厚意を利用していたのだが、10代少女特有の魅力にひかれたアンは彼女に母のような愛情を持ち、彼女の自慢でもある美しい蝶の標本が並ぶ「蝶の部屋」を見せるのだった。
だが、アリスが別の婦人とも同様の関係を築いていることを知ってショックを受けた時、アンの心に長年封じてきたある感情が再び芽生え始める。

【バタフライルーム 予告編(日本語字幕あり)】(別窓youtubeへ飛びます)

開始30分で、老女の"秘密"はほとんど分かってしまいますが、

話の構成が、過去と現在が交錯し、それぞれの登場人物の背景を描いていたため、

話にのめり込むことが出来ました。

演出に関しても、アリスとジュリーが秒単位で切り替わるところが絶妙で、

老女アンがジュリーをアリスに重ね合わせていたことを上手く表現していたと思います。


出てくる登場人物全員が、後半一気に再登場し、次々と"魔女"の犠牲になっていく様は、

まさにホラー。否、もはやコメディの域に達しており、

死体を使って、クローゼットの棚をぶち破るところは、正直笑ってしまいました。

ジュリーを追いつめる場面に至っては、「シャイング」を思わせる感じで、

これまた笑わせてもらいました。


しかし、後日談は無駄。

あのような持っていき方にするのであれば、老女アンが元々おかしかったのか、

あるいは、何かがきっかけでおかしくなったのかを映画内で描く必要性があると思いました。

そうでないと、記念撮影のところは活きてこないですし、

恐怖を感じさせるには今一つなような気がしました。


全体的に見て、古典的ホラーな仕上がりになっており、それなりに面白いです。

スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。