スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ノーベル殺人事件

個人的評価 ★★★★★★☆☆☆☆ 6/10

novel.jpg

【STORY】
発明家ノーベルの命日である12月10日、ノーベル賞晩餐会が開かれる。タブロイド紙記者アニカは直後の舞踏会を取材するが、そこで銃撃事件が発生し、医学賞を受賞したイスラエルの科学者やノーベル賞選考委員会の女性などが射殺され、犯人の女は逃走する。アニカはそこで偶然目撃した犯人の女を独自に追い始める。あるテロ組織が科学者を狙ったと犯行声明を出すが、アニカは選考委員のほうに何かあるとにらむ。 .

【ノーベル殺人事件 予告編(日本語字幕なし)】(別窓youtubeへ飛びます)


ノーベル授賞式で巻き起こる殺人事件。テロ組織の仕業か、それとも──


ノーベル授賞式を扱う映画は初めて見たので、中々見応えがあり、

授賞式の流れや選考内容なども描いているので、そういう意味でも面白かったです。

話の内容自体は、至って王道。意外性はないものの話の構成が上手く出来ており、

飽きずに最後まで楽しめました。


しかし、気になる点が二つ程。

一つ目は、暗殺者が何故主人公を"確実"に殺さなかったのか。

プロの殺し屋なら対象者を確認するはずなのに、ちょっとおまぬけな部分があったように思えます。

二つ目は、中途半端な家族の話。

ストーリーとは直接関係ないにも関わらず、中途半端に絡めてきたのは何故か。

シリーズ化するならまだしも、根本的に解決していないのに、

最後の場面で和気あいあいと家族が暮らしているのがよく分からなかったです。


結局のところ、あの暗殺者(子ネコ)はなんだったのか。

どうせなら主人公ともう少し関わりを持たせて、話を広げていっても良かったように思えました。
(顔見知りの警察官との関係もそうですが)

原作がシリーズとのことで、続編に期待したいです。

スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。