スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■SUPER

個人的評価 ★★★★★☆☆☆☆☆ 5/10

super.jpg

【STORY】
さえない中年男フランク(レイン・ウィルソン)。彼の妻(リヴ・タイラー)がセクシーなドラッグディーラー(ケヴィン・ベーコン)の後を追って家を出てしまう。愛する妻を取り戻すため、彼はお手製のコスチュームに身を包みスーパーヒーロー“クリムゾンボルト(赤い稲妻)”に変身。イカれた女の子ボルティー(エレン・ペイジ)を相棒に、危険地帯の犯罪に立ち向かうフランクだったが……。

【SUPER 予告編(日本語字幕あり)】(別窓youtubeへ飛びます)

熱心なキリスト教信者の中年男性と、コミック店の女性店員がヒーローになりすまし、

麻薬組織を倒そうと奮闘する物語。

最初に疑問に感じたのは、何故タイトルが「スーパーヒーロー」ではなく「スーパー」なのか。

その答えは、終盤で主人公(フランク)の口から語られるわけですが、なるほどと納得しました。

しかし、フランクやリビーの行動や考えには全くといいほど私は共感できませんでした。

ある意味、彼らが起こしていた行動は、方法は違えど麻薬組織と同じ。

結局、フランクは妻のために奮起したのにも関わらず、手に入れたの物はおろか、

失った物ばかりだったような気がします。


俳優の配役はピッタリで演技も良かったものの、

この映画で一体何を言いたかったのかよく分かりませんでした。

信仰することに対しての皮肉なのか、現実は残酷というのを見せたかったのか、

はたまたモラル、罪ってなんだろうと視聴者に考えさせようとしたのか、

話の主軸がブレているのがなんとももったいなかったです。

スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。