スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ダークナイト ライジング

個人的評価 ★★★★★★★☆☆☆ 7/10

risng.jpg

【STORY】
ジョーカーがゴッサム・シティーを襲撃するものの、ダークナイトが死闘を繰り広げ彼を撃破してから8年後。再びゴッサム・シティの破壊をもくろむベイン(トム・ハーディ)が現われ……。

【ダークナイト ライジング 予告編(日本語字幕あり)】(別窓youtubeへ飛びます)

「ダークナイト」から8年後を描いた本作。

今回もバットマンが活躍するわけですが、それよりも私はキャットウーマンと後に彼の相棒となる

ロビンが活き活きと動いているのがとても印象的でした。

正直この話の中心である、エネルギー計画やベインよりも注目して見ていた気がします。


さて、この作品のテーマは多分ベインの言っていた言葉「平等」であると思います。

裕福な人から金を巻き上げ、貧民に分け与える。

それが世界のあり方であると提言しているわけですが、

いまいちベインそのものに魅力がなかったので説得力があまりなかったです。

また、ベインとの戦闘場面も終始肉弾戦で、しかも長丁場だったため、

もう少し演出を派手にしても良かったのではないかと感じました。

私が一番「?」と思ったのが、奈落からの脱出の場面。

バットマンの心の弱さを克服するために用意したとは思いますが、

現実離れしすぎて個人的に興ざめしてしまいました。


そして、オチに至っては想像通りの結果で驚きは特にないものの、

果たしてゴッサム市民はあの後普通の暮らしができるのか心配になってしまいました。

何せ、"あの爆発雲"が見える範囲にいてなお且つ閃光を見ているのが……。


先ほどから悪いことばかり書いていますが、作品全体としては十分楽しめる仕上がりになっています。

この先どうなるのだろうというワクワクとドキドキ感を味わえただけでも、

見る価値があったのではないかと観賞後に思いました。

もちろん映像面も綺麗なので、是非、映画館で鑑賞することをお勧めします。


スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。