スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ミケランジェロの暗号

個人的評価 ★★★★★★★★☆☆ 8/10

mikeranzyero.jpg

【STORY】
ユダヤ人美術商の一家に代々伝わるミケランジェロの絵画をイタリアのムッソリーニに送り付け、優位な条約を結ぶ材料にしたいナチス・ドイツは絵画の強奪に成功するも、贋作であることが判明。一方、本物の絵を隠した一家の息子ヴィクトールは、父親が遺した謎のメッセージを受け取っていて家族の命を守るためナチスと駆け引きをしようとするが……。

【ミケランジェロの暗号 予告編(日本語字幕あり)】(別窓youtubeへ飛びます)


「ミケランジェロの絵」を巡って繰り広げられるナチスとユダヤの駆け引きを描いたサスペンス。

サスペンス要素としては、大方途中で色々と読めてしまうので少し物足りなさを感じますが、

テンポよく物語が進むのと、主人公と友人との"裏切り合戦"が見ていて面白かったです。

また、出てくる登場人物がその場限りではなく、最後まで何かと絡んでくるのが良い。

特に、婚約相手の女性が中盤から絡んできて、そこから始まる"駆け引き"が最高です。

これから先どうなっていくのだろうか、とドキドキさせられました。


そして、なんといってもこの作品のオチが個人的に好きです。

頭の中では「ミケランジェロの絵は"あそこに"あるんだろうなぁ」と分かっていながらも、

観賞後に「爽快感」が味わえます。


後味の良い終わり方が好きな方には是非お勧めしたい作品です。

スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。