スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■アレクサンドリア

個人的評価 ★★★★★★★☆☆☆ 7/10

agora.jpg

【STORY】
4世紀、エジプトのアレクサンドリア。女性天文学者のヒュパティア(レイチェル・ワイズ)は、あふれる知性と美ぼうを持ち、弟子たちに慕われていた。一方、アレクサンドリアではキリスト教が急速に広まっていき、ついにはキリスト教徒たちに古代の神々を侮辱された科学者が、彼らにやいばを向ける事態に発展してしまい……。

【アレクサンドリア 予告編(日本語字幕あり)】(別窓youtubeへ飛びます)


ユダヤ教信者とキリスト教信者、奴隷、そして哲学者達が「宗教戦争」に巻き込まれる本作。

彼らが求めるものはそれぞれ違うのですが、

その先にあるのは共通して「自由」なのではないかと私は感じました。

人間は自由に生きるのがとても難しく、人や物に依存していかないと生きていけません。

この時代では、宗教にすがって神という名の「自由」を手に入れた人、

奴隷という身分を捨て「自由」を手に入れた人、

女性という壁を越えて一人の哲学者として研究する「自由」を手にいれた人、

といったようなガチガチに縛り付けられた環境をどうにかして乗り越えようとする人々の苦悩が、

この映画には描かれています。

内容はもちろんのこと、その時代の衣装や建物が本当に綺麗です。

そして、上空からのアングルが結構あるのですが、

私は「神」からの視点をこのような形で表現しているのではないかと感じました。


話の作りが丁寧で、最初から最後まで"魅せてくれる"作品でした。


スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。