スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ネスト

個人的評価 ★★★☆☆☆☆☆☆☆ 3/10

nesut.jpg

【STORY】
妻と離婚したジョン(ケヴィン・コスナー)は、反抗期の娘ルイーサ(イバナ・バケロ)と7歳の息子サム(ガトリン・グリフィス)を連れてサウスカロライナ州マーシーへと引っ越す。彼らは田舎町の人里離れた場所にある大きな一軒家で新生活がスタートするが、その家はどことなく普通の家とは違っていた。引っ越しの翌日、ルイーサは家のそばにある古墳のような奇妙な塚を発見し……。

【ネスト 予告編(日本語字幕あり)】(別窓youtubeへ飛びます)


ケビン・コスナーや「パンズラビリンス」の主人公を演じたイバナ・バケロといった

有名俳優が登場する本作。

しかし、冒頭10分でまさかのネタバレ。

この話の肝となる部分を序盤に登場させてしまう脚本にガッカリしてしまいました。

また、映画タイトルや「塚」というキーワードを繋いでいくとオチまで分かってしまうのも残念極まりない。

でも、もしかしたらどんでん返しや意表をついた展開になるのではと信じていたのですが、

予想を斜め下をゆくオチの付け方に唖然としてしまいました。


「ホワイト教授」「学校の先生」「ベビーシッター」「前の住人」「不動産屋」「この町の住民」

これだけ登場人物が多いのに、

全くといっていいほど設定を活かしきれていないまま話が進んでいくのがもったいないく感じました。

ある意味、予告編を見ればそれで十分といわれてもおかしくない作品だと私は思います。


スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。