スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■CHATROOM/チャットルーム

個人的評価 ★★★★★☆☆☆☆☆ 5/10

chatroom.jpg

【STORY】
ウィリアム(アーロン・ジョンソン)は家族との折り合いも悪く、一人でインターネットの世界に没頭していた。彼はネットを通じてジム(マシュー・ビアード)やエヴァ(イモージェン・プーツ)、エミリー(ハンナ・マリー)やモー(ダニエル・カルーヤ)と知り合い、自分のチャットルームで彼らと頻繁に連絡を取るようになる。ある日、ジムが自分はうつ病だと告白し、自殺映像を見る趣味があるウィリアムは、彼を自殺に追い込もうと画策する。

【CHATROOM/チャットルーム 予告編(日本語字幕あり)】

兄の出世に嫉妬し、自傷行為を繰り返すウィリアム、

"ある出来事"が原因で長年抗うつ剤を服用するジム、

親からの本当の愛が欲しいエミリー、

親友の妹に恋をしてしまったモー、

身体に強いコンプレックスを抱くエヴァ、

5人が一つのチャットルーム部屋に集まり、「友達」として雑談を広げる日々が続くが、

ジムの告白によって事態は思わぬ方向へ──


仮想空間をあのような映像にしたのが面白く、見応えがありました。

それぞれの部屋のカラーを上手く表現出来ていたと思います。

話の内容としては、かなり分かりやすいものの映画的にベタな展開が続くので、

もう少し見応えのある演出があってもいいのではないかと思いました。

そして、この作品を撮っているのが日本人のせいか、変に日本を意識している場面があります。

正直、英語圏のチャットルームに日本語は浮いてしまっていた感が否めないです。


この物語の中で、一番の「孤独」や「不安」を感じていたのは紛れもなくウィリアム。

誰かに余計なおせっかいをかけたのも、似たような境遇のジムを追いつめたのも、

ある動画を見るのが趣味なのも全部自分の中の心を鎮めるため。

心の拠り所として、彼はネットという仮想世界に逃げてしまったのであり、

何もネット自体が悪いわけではないです。

私はそれよりもウィリアムの家族関係、いわば親子関係にこそ問題があるのではないかと思います。

10~20代の人が見ると、頷ける部分が多い作品です。


スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。