スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々

個人的評価 ★★★★★☆☆☆☆☆ 5/10

pasi.jpg

【STORY】
ギリシャ神話の神の息子であると告げられたアメリカの寄宿学校生、パーシー・ジャクソン(ローガン・ラーマン)。仲間とともにゼウスの雷撃を探す旅に出ることになったパーシーに、予言の神は4つの神託を下すが、旅の途中にはオリンポスの神々との出会いや敵との戦いが待っていた。

【パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 予告編(日本語字幕あり)】(別窓youtubeへ飛びます)

神々の痴話喧嘩に巻き込まれた主人公と、その仲間が奔走するファンタジー作品。

テンポが良くて、次々と場面が変わるのは見てて楽しかったのですが、

その半面、物語が薄っぺらくて、観賞後に何の感情も抱きませんでした。

特に、自分の能力を初めて発揮する場面と父親に対する怒りを克服するところは、

もう少し時間をかけて描いても良かったのではないかと思いました。

また、主人公と共に行動をするキャラクター「アナベス」の能力が全く活かされていないのが残念。

「知性と戦術」という使いやすい設定なのに、手柄を全てグローバーに持って行かれたような気がしてならない。

しかしながら、水や雷といった映像面に関しては本当に綺麗で、見応えがありました。

まだまだ話を広げられる作品だと思うので、続編を期待したいです。

スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。