スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■帰らない日々

個人的評価 ★★★★★★★★☆☆ 8/10

kaeranai.jpg

【STORY】
息子をひき逃げされた大学教授のイーサン(ホアキン・フェニックス)と妻グレース(ジェニファー・コネリー)。それぞれが悲しみのあまり自分を責める中、イーサンは遅々として進まない警察の捜査に業を煮やし、弁護士事務所に調査を依頼。だが、依頼された弁護士ドワイト(マーク・ラファロ)は、ひき逃げした張本人だった。

【帰らない日々 予告編(日本語字幕なし)】(別窓youtubeへ飛びます)


ひき逃げ事故で息子を亡くした家族と、ひき逃げ犯の運命を描くサスペンスドラマ。

この作品で見てもらいのは「俳優陣の演技力」です。

被害者のどうしようもない怒りや悲しみ、一方で罪悪感に苛まれる加害者の感情表現がリアルです。

また、被害者の娘であるエマのピアノ演奏シーンの演出が上手くて、

不覚にも目頭が熱くなってしまいました。
(この演出のために"音楽を習っている"という設定をしたに違いないと私は思います)


そして、この物語ではどちらか一方を"悪"として描いていないのが特徴的で、

両者の思いや考え方を偏りなく知ることができます。

故に、あのラストは切ない反面ある意味救いのような──なんともいえない感じで、

エンドロールを迎えてもしばし様々な思いが頭を巡る作品でした。


もし自分がこのような場面に遭ってしまったらどうするのだろうか、

そこの念頭に置きながら観賞していただくと、より深く見れる作品だと思います。

個人的に良作でした。

スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。