■「地震と言ったら我社」

3月11日に行われた企業説明会について記述。


今回行われる説明会場所は、市が運営する施設で伝統のある建物でした。

開始30分前から続々とスーツ姿の大学生が建物に入っていき、私もそれに続くように入室。

部屋を見渡すと、既に30人ほどの学生が座っていて会社アンケートに答えていました。


開始時間になって、ふと周りを見渡すと学生の数は約100人。

私の行く先々の企業は、偶然だとは思いますが女性の方が多いような気がします。

質問の際でも女性の方が目立ち、就職活動に対する意欲が男性よりも高いのがうかがえました。


企業側からの説明は分かりやすく、仕事内容自体はとても魅力的だったのですが、

引っかかるところがいくつかあり、私の中で「嫌な気持ち」が沸いてきました。

そもそも、このご時世にこちらから仕事を選ぶのは「甘えだ」とは思うは当然。

しかし、これから先、もしかしたら生涯その企業に勤めると考えると、

上手くマッチングしていないまま選考を受けるのは変だなと思いました。

だとしたら、今日の説明会は無駄だったのかと言われるとそうではなく、

ちゃんと真剣に企業と向き合って活動しなければいけないんだな、と再確認させてくれる良い機会でした。


話は大分変わりますが、この時ちょうど地震があってかなり揺れました。

人事担当の方が「いや~地震と言ったら"(企業名)"って感じで、覚えてくださると嬉しいです(笑)」

と冗談を言って笑いを誘っていましたが、今の地震・原発の現状を踏まえるとちょっと──ですね。

スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -