スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■適性検査と時計

火曜日に行われた説明会について記述します。


今回の会場は説明会以外にも様々な催し物が行われている場所なので、平日にも関わらず混雑していました。

人の波をかきわけて、セミナールームに入ると目に映るのは人、人、人。

今までの少人数制とは違い、大規模。

正確な人数は分かりませんが、多分100人くらいはいたと思います。

また、内容の進め方が従来の説明会と大きく異なっていて、

「○○さんは○○だと思うかね?」

「○○さんだったらどう対応する?」

といった逆質問形式をベースとしていました。


その後休憩を一回挟んで、適性検査。

一斉に紙が配られて問題を解いていくわけですが(一般的なIQテスト)、

両隣の解くスピードが異常で、鉛筆をはしらせる音が軽快に響いていました。

sarararara.jpg

私も負けてはいられない!と奮起して頑張ったものの、やはり「数字」には弱いです。

時間制限もあったので、何問か飛ばして解き続けましたが、どう考えても「\(^o^)/」と言わざる負えない出来でした。

最後に、履歴書とES("アンケート用紙"と書かれていましたが、質問内容的にES)を提出して帰宅、

と思いきや、私の志望しているコースのみ「特別課題」。

こちらは3月上旬までなので、早めにやって出そうと思っています。(既に半分終わっています)



今回の説明会で困ったのが、「腕時計」を持っていなかった事。

幸い1/3ぐらいの人が所持していなかったので、人事部の方が適性検査の際に時間を測ってくれたのはよかったものの、

次に適性検査、あるいは学力検査がある時は腕時計を持っていこうと思います。


スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。