スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■インビクタス/負けざる者たち

個人的評価 ★★★★★★☆☆☆☆ 6/10

inbikutasu.jpg

【STORY】
1994年、マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図る。1995年に自国で開催するラグビー・ワールド・カップに向け、マンデラとチームキャプテンのピナール(マット・デイモン)は、一致団結して前進する。

【インビクタス/負けざる者たち 予告編(日本語字幕あり)】(別窓youtubeへ飛びます)

実際の出来事を元にした映画。

安定して見れるものの大統領の伝記、スポーツ、人種差別といった多くのテーマを盛り込んだために

どれも描写が浅く、一番に何を伝えたかったのかよく分からなかった。

特に選手達個人の葛藤(人種差別)が描かれていなかったので

試合に勝ってもいまいち感動する事もなく、エンドロールを迎えてしまったような気がします。


しかし、モーガンフリーマンの存在感が凄かったです。

一言一言に重みがあり、大統領としての指導力が良く出ていて素晴らしかったです。

一方でマット・デイモンの演技も良いとは思いましたが、

果たして彼じゃなきゃこなせなかったのかと言われるとちょっと微妙なところ。

良い映画ではあるものの、見ている側に訴えかけるものが私にはないと感じました。

スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。