スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■オックスフォード連続殺人

個人的評価 ★★★★★★☆☆☆☆ 6/10

oxford.jpg

【STORY】
アルゼンチンから奨学金でオックスフォード大学に留学して来たマーティン。渡英したのも束の間、下宿先の未亡人の他殺死体を発見してしまう。一緒に第一発見者となった世界的数学者セルダム教授のもとには、謎の記号が書かれた殺人予告メモが届けられていた。その後も、謎のメッセージを伴う不可解な事件が続けて起き…。

【オックスフォード連続殺人 予告編(日本語字幕なし)】(別窓youtubeへ飛びます)


序盤から哲学と数学で溢れかえっています。

私のような文系には難解な会話(内容)が多々ありましたが、むしろこの"連続殺人"においては

哲学や数学が分からない人の方が「犯人の目星」がつきやすいのではないかと思います。


何の変哲もない会話や助言によって、その人の考え方が変わり行動をする。

もしその行動の結果として「殺人」が起きてしまった場合に誰が「悪」なのか。

実行犯、あるいは助言者、はたまた犯人と最後に喋った人物───?

主人公と教授の謎解きには「なるほど」と思いましたが、

結局のところ犯人が「実行」をしなければ殺人は起きなかったはず。

とはいえ「発端(原因)」を作ったのは助言者……もう考えたらキリがないです。


それくらいこの映画は変に疲れてしまうので、心にゆとりがある時に見るのをお勧めします。

正直エロシーンは必要ないのでは?と観賞中は思っていましたが、

逆に箸休めのような感じで良かったかもしれません。

スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。