スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ダレン・シャン

個人的評価 ★★★★☆☆☆☆☆☆ 4/10

darensyan.jpg

【STORY】
平凡な家庭に生まれ育ち、成績優秀で女の子にもモテモテのダレン・シャン(クリス・マッソグリア)。ある日、巨大な毒グモにかまれた親友を救うため、バンパイアと取引きした彼は半バンパイアに。風変わりな人々が集うサーカスの一座に身を寄せ、アシスタントとして雑用をこなしながら、バンパイア修行に励むことになる。

【ダレン・シャン 予告編(日本語吹き替え)】(別窓youtubeへ飛びます)


OPの雰囲気はまさに「ダーク・ファンタジー」。

しかし本編に入るとなんだか"ドラマ"のような印象受けてしまうチープさ。

続編を作る上での"第一章"なのにも関わらず、盛り上がりが全くもってない。

ヴァンパイアになる過程やフリークの描写も中途半端で、

ただ表面的になぞっているだけではないかと思いました。

また終盤に至っては恋愛要素も入ってきて、もはやファンタジーではなくラブロマンスの領域。

次回作はもちろんあるとは思いますが、全米でこけてしまったのでお蔵入りになるかもしれません。


多くのレビューを見たところ原作とは程遠い内容らしいので、

原作ファンよりもむしろ私のような原作未読の人の方がすんなり見れる気がします。

スポンサーサイト

Comment

Secret

No title

お久しぶりです。丁度前に観た映画だったので、コメント、というか、僕の感想をひとつ失礼しますー

元々ダレンシャンの原作が大好きで、映画化が決定したときは本当に嬉しかったですし、かなり楽しみにしていました。・・・みごとにばっさり裏切られちゃいましたが。

全体の雰囲気は良いと思いましたが、ダレンの恋愛や親友との再会は原作を頭において観てしまうと、あまりにも違いすぎて正直驚きました…。特に、ダレンの恋愛場面は、ただ一章の中にラブロマンスいれたかっただけなんじゃないかと思ってしまうくらいヒドイ。

湾ピンさんのおっしゃるとおり、未読の方のほうが映画として楽しめるのではないかと思います。
続編を作ることを考えていたなら、十何巻もあるような本をあんなにギュウギュウ詰めないで、ダレンのヴァンパイアになるまでを丁寧に描いて欲しかったものです。
イギリスが・・・イギリスが作っていればこんなことには・・・ッ!

■コメント返信

>>にょーさん
お久しぶりです><

なるほど、やはり原作をかなり省略して作られた映画みたいですね。
にょーさんと同じく、ヴァンパイアになるまでの過程をもう少し丁寧に描いてほしかったです。
本作は"ヴァンパイアになるきっかけ"が弱すぎて
私にはまるで"ノリでヴァンパイアになりました"というような軽さに見えてしまいました。

ダーク・ファンタジー映画はイギリスや北欧諸国に限りますね!

コメントありがとうございました!
プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。