スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Dr.パルナサスの鏡

個人的評価 ★★★★★☆☆☆☆☆ 5/10

drparu.jpg

【STORY】
鏡で人々を別世界に誘う見せものが売りの、パルナサス博士(クリストファー・プラマー)の移動式劇場はロンドンで大盛況だった。観客は博士の不思議な力で自分が思い描く、めくるめく世界を体験できるのだが、そこにはある秘密があった。トニー(ヒース・レジャー)はそのアシスタントとして観客を鏡の世界へと導く役目を担っていたが……。

【Dr.パルナサスの鏡 予告編(日本語字幕あり)】(別窓youtubeへ飛びます)


ヒース・レジャーが亡くなった事により1つの配役を4人に分けた本作。

一体どうやるのだろうと興味津々でしたが、鏡に入ると「顔」が変わるという設定を付け加える事で、

特に違和感なく見れました。

それぞれが演じる「トニー」に特徴が出ていて、1つの作品で4人の「トニー」を味わえたのがとても良かったです。

しかし、肝心の物語がよく分からないまま終わってしまった事と、

トニーの周りにいる登場人物のキャラが最後まで立っていないままだったのが残念。

"古典的"な幻想世界の映像面が良かっただけあって、もったいない作品になってしまったなぁと思いました。

結構人を選ぶ作品だと思うので、ゴチャゴチャした世界観が好きな人にはお勧めできる映画です。

スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。