■コーチ・カーター

個人的評価 ★★★★★★★★☆☆ 8/10

coach.jpg

【STORY】
スポーツ店を経営するコーチ・カーターは高校時代、伝説のバスケット・ボール選手だった。ある日、カーターは母校のコーチとなる。しかし、そのチームは負けてばかりで生活態度もよくない、最悪のチームだった。

【コーチ・カーター 予告編(日本語字幕なし)】(別窓youtubeへ飛びます)


実際にあった事を元にして制作されたバスケットボール映画。

前半は「スポ根」、日本で例えるならば「スクールウォーズ」のような仕上がり。

中盤からそれぞれの選手の葛藤(妊娠・薬物・進路)が加わり、

スポーツ面だけでなく、高校生ならではの行動や言動が垣間見れてとてもリアルでした。

また、出演者全員がバスケットボール経験者を起用したので試合の臨場感が凄いです。

少し大げさな表現になっていしまいますが、まるで観客席にいるような感覚を味わう事が出来ました。

最後の州大会では、思わず心の中で応援してしまう程この映画にどっぷりはまってしまいました。


カーター先生の熱い思いが生徒の心を動かし、親、学校と広がって

皆が一つになって目標に向かっていく様は観賞していてとても気持ち良かったです。

"気持ち良かった"と感じてしまう背景には、あくまでも私個人の考えになりますが、

昨今の学校事情が危うい(このような先生や生徒、親が少ない)から余計そう思ったのかもしれません。


スポーツを普段やらない人、興味のない人でも十分に楽しめる作品となっています。

スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -