スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ゴーン・ベイビー・ゴーン

個人的評価 ★★★★★★☆☆☆☆ 6/10

gone.jpg

【STORY】
パトリックとアンジーは、ボストンで私立探偵として働く幼なじみのカップル。ある日、4歳の少女アマンダが誘拐される事件が発生し、その3日後、警察の捜査に限界を感じたアマンダの叔母夫婦が、街の裏側に精通するパトリックたちのもとに捜索依頼に現われる。誘拐事件では自分たちの出る幕はないと、あまり気の進まないままアマンダの行方を調べ始めるパトリックとアンジーだったが…。

【ゴーン・ベイビー・ゴーン 予告編(日本語字幕なし)】(別窓youtubeへ飛びます)


「正義って何だろう、子供の幸せって何?」

というように題材は重く、深く考えさせられる内容だったのですが、

前半のテンポの悪さが目立ち、終盤まで話についていくのがとても大変。

特に二人目の失踪者(少年)と犯人の抗争部分が長すぎて当初の目的を忘れてしまいそうでした。

この物語に終始出ていながら何の役にも立たなかった「アンジー」のような無駄なキャラや、

直接オチにかかわらない話を省くと、テンポが良くなってグイグイと引き込まれたような気がします。

とはいえ、終盤主人公と真犯人の考えや思いをぶつけるシーンはとても良かったと思います。


結局子供にとって幸せな選択はなんだったのだろうか。

もちろん主人公の選択が間違っているとは言いませんが、私なら一度児童施設に預けて

誰が一番親にふさわしいのかを第三者が介入して決めるべきだと思いました。

スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。