スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■神様のパズル

個人的評価 ★★★★★☆☆☆☆☆ 5/10

kamisama.jpg

【STORY】
双子の弟が海外旅行へ行ってしまったため、代わりにゼミに出席しなければならなくなった兄の基一(市原隼人)は、ある日、担当教授から不登校の天才女子学生・穂瑞沙羅華(谷村美月)をゼミに参加させるように頼まれる。彼女に興味があった基一は会いに行くが、彼女の不思議なパワーに圧倒されて、思わず妙な質問をしてしまう。

【神様のパズル 予告編】(別窓youtubeへ飛びます)


「宇宙を作る」壮大なテーマで物語が進んでいく本作ですが、

流石"宇宙"といったところでしょうか、物理学の専門用語がバンバン出てきます。

一応、分かりやすくするためにイラストを使って簡略化しているものの、

文系の私にはほんの少ししか理解できませんでした。

なので、どちらかというとストーリーに目を向けて観賞したわけですが、

地球が大変な事になるのに、そこまで危機感のないような空気が流れていたことに違和感。

そして何故相理はこうも簡単に───してしまったのか。

さらに、終盤のロックのシーンでサラカが号泣した意味がよく分からなかったせいか

いまいちラストをむかえても感傷に浸る事はありませんでした。


ヤンチャで熱い青年役が多い市原隼人。

典型的な"ヤンチャ"のイメージを表現してくれる点に関してはとても素晴らしいと思いますが、

どの役をやっても"市原隼人"に見えてしまうので、そろそろ演技の幅を広げていく時期じゃないのかなぁ。

と個人的に思いました。

物理学に興味のある方、宇宙に興味のある方だとまた違った観点で見れる映画だと思います。

スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。