スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ビッグ・バグズ・パニック

個人的評価 ★★★★★★☆☆☆☆ 6/10

panikku.jpg

【STORY】
クーパー(クリス・マークエット)はようやく父親のコネで就職したものの、あまりに勤務態度が悪くて解雇通告を受ける。だが、その瞬間にひどい耳鳴りがして意識を失い、目を覚ますと全身が繭のようなものに覆われていた。なんとか自力でそこから脱出し、状況が飲み込めないまま放心している彼を突然襲ったのは、巨大化した昆虫だった。

【ビッグ・バグズ・パニック 予告編(日本語字幕あり)】(別窓youtubeへ飛びます)

CGの粗さが若干あるものの、主人公達の独特な立ち振る舞い方や巧妙な伏線の回収がとても上手いです。

低予算映画ながら凄く頑張っている印象を受けました。

しかし、昆虫が巨大化した原因が分からず仕舞いだったのと、

いきなり場面が切り替わるところ(冒頭と回想シーン)が非常に惜しかったです。

そしてパニック映画には珍しい"ヘタレ主人公"が良い味を出していて、

お決まりの展開にならない部分が面白かったです。

この作品とほぼ同じ題材を扱っている「スパイダー・パニック」もお勧めです。

コメディ要素抜きなのでスリリングな気分を味わいたい方は是非どうぞ!


スポンサーサイト

■ウィッチマウンテン/地図から消された山

個人的評価 ★★★★★★☆☆☆☆ 6/10

withmounten.jpg

【STORY】
タクシードライバー、ジャック(ドウェイン・ジョンソン)の車に少年(アレクサンダー・ルドウィグ)と少女(アンナソフィア・ロブ)が乗り込んでくる。彼はどこか微妙にズレた言動の二人をいぶかるが、いつものように車を発進させる。ところが、突然どこからか数台の武装したSUV車が現れ、彼らの後を追跡し始め……。

【ウィッチマウンテン 予告編(日本語字幕あり)】(別窓youtubeへ飛びます)

「宇宙ネタ」に「アクション」が加わった異色作。

ただどちらの要素も中途半端だったので、物足りなさは否めませんが話のテンポは物凄く良かったです。

息つかせない画面切り替えとBGMの使い方が上手くてハラハラドキドキしました。

観賞後に思ったのですが、全体の構成が何処となくE.T.に似ているように思えました。

特にラストシーンでの宇宙人との会話や演出は酷似していた気がします。


決して感情移入をするには程遠い作品ですが、(登場人物の心象描写が皆無)

最近作られている「宇宙ネタ」の中では良作ではないでしょうか。

■エクトプラズム 怨霊の棲む家

個人的評価 ★★★★★★★☆☆☆ 7/10

onryou.jpg

【STORY】
息子の病気治療のため、コネチカット州北部にあるビクトリア朝式の家に引っ越してきたキャンベル一家。入居してまもなく息子のマット(カイル・ガルナー)は、この世に存在しない者の姿を何度も目撃するようになる。その家はかつて葬儀場であっただけでなく、降霊儀式も行われていた。やがて、一家に身も凍るような恐怖が襲いかかる。

【エクトプラズム 怨霊の棲む家 予告編(日本語字幕あり)】(別窓youtubeへ飛びます)


普通のオカルトホラーかと思いきや話の構成がしっかりとしていて見応えのある作品でした。

ただ単に「怖い」を演出するのではなく、何故そのような現象が起こるのかという事まで

ちゃんと描かれていたのがとても良かったです。

また、マット役とポペスク牧師役の俳優の演技が素晴らしい。

本当に怨霊がいるかのような雰囲気を感じさせてくれました。

特にマット役の青年はまだ若いので、今後が楽しみです。


観賞後は是非「未公開シーン」を見ることをお勧めします。

フィルムに収めきれなかった家族のエピソードや牧師の過去、

そしてなんといっても制作スタッフの熱意を感じる事が出来ます。

個人的には良作映画でした。

■ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式

個人的評価 ★★★★★★☆☆☆☆ 6/10


haueruzu.jpg

【STORY】
父親の葬儀を控え、実家のハウエルズ家で親族や友人を待つ長男ダニエル(マシュー・マクファディン)。彼は参列者の誰もがダニエルでなく、小説家の次男ロバート(ルパート・グレイヴス)の弔辞を期待していることに気分を害していた。一方、ダニエルの従妹、マーサ(デイジー・ドノヴァン)は自分の父に婚約者を気に入ってもらおうと必死で……。

【ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式 予告編(日本語字幕あり)】(別窓youtubeへ飛びます)

葬式で巻き起こるドタバタコメディ映画。

腹を抱えて笑うというより「シニカル」な笑いの要素が多かった気がします。

私は素直に面白いなと思いましたが、葬式を題材にしているので一部の人は受け入れがたいかもしれません。

話の内容に触れると"薬"が登場してきた辺りからは、

登場人物の個性が一気に表れて、次に何が起こるのだろうとワクワクしながら観賞出来ました。

特にサイモンを演じた役者のラリった表情、行動は本当に凄いです。

ここまでやるか!と思うくらいはっちゃけています。


ダニエルの「父は偉大でした、完璧じゃないけど善い人でした」と大声で弔辞を読む場面では

少し感情が高ぶってしまいました。

笑いあり、驚きあり、そして温かい映画です。

■落書きetc

絵が結構溜まってきたので、晒しておきます。

fanfantatat.jpg
ハンゲーム「ファンタジーウォーカー」のローディング絵に応募した絵です。
今回は残念ながら選ばれませんでしたが、楽しく描けました。


yuicyandayo.jpg
けいおん!より「平沢唯」。
誕生日だったので描きました。
1期の唯ちゃんが好きです( ^ω^ )


untitled_20101219135800.jpg
こちらは誕生日にネット友達から頂きました。ありがとうございます!
ギターの描写が本当に細かくて良い!
唯のキリッとした表情も素敵です><;


uyuyakekeke.jpg
知り合いのサークルから宣伝用のイラスト(ビラ配り)を頼まれて描いた絵です。
依頼主のイメージに近づけるために試行錯誤しました。
来年の3月辺りに配布されるみたいです。


hatimorugu.jpg
ハチさんより「Christmas Morgue」。
初期曲を彷彿とさせるサウンドで心地よかったです。



■フェーズ6

個人的評価 ★★★★★☆☆☆☆☆ 5/10

feez6.jpg

【STORY】
治療薬がないウイルスに侵され廃虚のようになった街を出るため、お調子者の兄ブライアン(クリス・パイン)と、心優しい弟ダニー(ルー・テイラー・プッチ)の兄弟は、仲間とともに海岸を目指して車を飛ばしていた。やがて、4人のうち1人がウイルスに感染していることが発覚すると、ブライアンは次第に本性を表わし始め……。

【フェーズ6 予告編(日本語字幕あり)】(別窓youtubeへ飛びます)

唐突に男女4人の車内風景から始まる本作。

予告編では「感染パニック映画」を謳っていますが、内容はどうみてもヒューマンドラマ。

"感染"は人間の本性を浮き彫りにするツールであり、"感染"自体の情報は一切語られていません。


もし自分が感染してしまったらどんな行動をとるのか、

友達や恋人が感染したらどうするのか、

そういう事を考えながら観賞すると、ボビーやブライアン、ダニーの葛藤が読み取れると思います。

ただもう一人の登場人物、ケイトの存在意義がよく分からなかったのは私だけでしょうか。

一風変わった映画なので、従来の感染物に飽きた方は是非観賞してほしいです。

■サガフロンティア

個人的評価 ★★★★★★★★☆☆(10点満点中 8点)

saga.jpg

【STORY】
それぞれ異なる背景をもつ7人の個性的な主人公たち──


近くのお店では在庫がなかったので、amazonにて780円で購入しました。

ストーリー面に多々不備があるのは残念でしたが、

戦闘システム(閃き・連携)と仲間になるキャラが個性的で面白かったです。

また戦闘BGMがどれも熱く、バトルを一層盛り上げてくれました。

ちなみに7人の主人公の中ではエミリアが一番好き。(次点でアセルス、ゲン)

「ウェディングドレス」+「銃の組み合わせ」は素晴らしいと思います。


以下まとめ

【良いところ】
・戦闘システム(閃き・連携)
・BGM(各ラスボス限定の曲は耳に残ります)
・仲間になるキャラが多い
・種族により使える技や育成方法が異なる(ヒューマン・妖魔・モンスター)
・技エフェクトがどれも綺麗
・全シナリオクリア後のおまけ要素

【悪いところ】
・説明書が説明書の役割をあまり果たしていない
・戦闘の際に「逃げる」コマンドが存在しない
・ストーリーに欠陥あり
・アイテムの付加能力が記載されていない

ストーリー面を良くしてリメイクしてほしい作品。

■ROOM33

個人的評価 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆ 2/10

rrom33.jpg

【STORY】
ローラーゲームの大会に向かう選手とコーチの一行。廃墟と化した施設で一夜を明かすはめになった彼女たちは、33号室に閉じ込められていた少女の存在を知り……。

【ROOM33 予告編(日本語字幕なし)】(別窓youtubeへ飛びます)

傷だらけの少女、被害者は全員両目を潰されている、33号室の秘密。

この作品の軸ともいえる3つが消化不良のままなのは如何なものだろうか。

彼らが襲われた理由もあやふやなままで、"恐怖"を感じるどころか"疑問"しか湧きませんでした。

そしてオチに至っては"疑問"を越えた"謎"。

頭を悩ませるだけなので、決して人にはお勧めできない作品です。

ただ、低予算映画の好きな人、Z級ホラーの好きな方には良いかもしれません。

■ホースメン

個人的評価 ★★★★☆☆☆☆☆☆ 4/10

horsemen.jpg

【STORY】
妻に先立たれたベテラン刑事ブレスリン(デニス・クエイド)は、猟奇的な連続殺人事件を担当することになる。遺体は極太の釣針で宙につるされ、現場には毎回「COME AND SEE(来たれ)」というメッセージが残されていた。彼が謎めいた事件の捜査にはまり込んでいく中、ある犠牲者の養女クリスティン(チャン・ツィイー)が衝撃的な告白をする……。

【ホースメン 予告編(日本語字幕あり)】(別窓youtubeへ飛びます)

「ヨハネの黙示録」をなぞった連続殺人事件が発生し、それを追う物語。

ありがちではありますが、作品の雰囲気と冒頭のインパクトは良かったです。

ただ、中盤から明らかに黒幕が分かっているのにもかかわらず、無理に引っ張ろうとする演出に違和感。

また、各事件の背景があっさりしているせいで、そこまで猟奇的殺人とは思えないのも残念。


この映画で一番"衝撃"だったのは、猟奇的な殺人事件、黒幕の正体ではなく、

「話の途中で終わってしまう事」でした。

どう考えても続きがあるはずなのに、まるでフィルムが途切れたように突然エンドロールに切り替わりました。

そういう意味では"衝撃"的な作品といえるでしょう。

■「加湿器は利用してますか?」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「加湿器は利用してますか?」です。12月に入り冬も本番になってきましたね~。同時に、乾燥してくるのが部屋の空気!空気が乾燥すると風邪もひきやすくなってくるので注意ですここ最近は、加湿器を店頭の目立つ所に配置してプッシュしてるお店も多いようで、加湿器を使う人も増えてきているようですがあなたは加湿器、使用してますか?ほうじょ...
FC2 トラックバックテーマ:「加湿器は利用してますか?」



初めて「FC2のトラックバックテーマ」を利用してみます。

ふとした時に書くので、こちらのカテゴリは不定期更新となります。ご了承ください。



加湿器を利用した事はないです。

そもそも部屋が乾燥するなら、換気をすればいいのでは?と思ってしまう。

もちろん加湿器があれば楽にはなりますが、

なければないで不自由はしないと思う。


しかし、お店や病院といった公共施設ではあった方がいい。

これは、消費者側の視点で考えると分かると思うのですが、

多くの消費者は加湿器を「清潔、保湿してくれている機械」と考える。

つまり、加湿器がある事でお店や病院の印象が上がるのではないでしょうか?

少なくとも私は(加湿器自体の効果は問わず)、

「ない店」より「ある店」の方がサービス精神があるなぁと感じます。


プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。