スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■コーチ・カーター

個人的評価 ★★★★★★★★☆☆ 8/10

coach.jpg

【STORY】
スポーツ店を経営するコーチ・カーターは高校時代、伝説のバスケット・ボール選手だった。ある日、カーターは母校のコーチとなる。しかし、そのチームは負けてばかりで生活態度もよくない、最悪のチームだった。

【コーチ・カーター 予告編(日本語字幕なし)】(別窓youtubeへ飛びます)


実際にあった事を元にして制作されたバスケットボール映画。

前半は「スポ根」、日本で例えるならば「スクールウォーズ」のような仕上がり。

中盤からそれぞれの選手の葛藤(妊娠・薬物・進路)が加わり、

スポーツ面だけでなく、高校生ならではの行動や言動が垣間見れてとてもリアルでした。

また、出演者全員がバスケットボール経験者を起用したので試合の臨場感が凄いです。

少し大げさな表現になっていしまいますが、まるで観客席にいるような感覚を味わう事が出来ました。

最後の州大会では、思わず心の中で応援してしまう程この映画にどっぷりはまってしまいました。


カーター先生の熱い思いが生徒の心を動かし、親、学校と広がって

皆が一つになって目標に向かっていく様は観賞していてとても気持ち良かったです。

"気持ち良かった"と感じてしまう背景には、あくまでも私個人の考えになりますが、

昨今の学校事情が危うい(このような先生や生徒、親が少ない)から余計そう思ったのかもしれません。


スポーツを普段やらない人、興味のない人でも十分に楽しめる作品となっています。

スポンサーサイト

■アミューズメント

個人的評価 ★★★☆☆☆☆☆☆☆ 3/10

amusement.jpg

【STORY】
幼なじみで親友でもある3人の女性が、彼女たちへ歪んだ感情を抱き恨みを募らせた犯人によって拉致監禁され、その復讐と未曾有の恐怖に苛まれるさまを描いたホラー。

【アミューズメント 予告編(日本語字幕なし)】(別窓youtubeへ飛びます)


一つの内容を悪い意味で「オムニバス」形式にしてしまった本作。

場面の切り替えが唐突なせいか、視聴者おいてきぼり状態が何度かあったような気がします。


ホラーに色んな要素を詰め込んで頑張ろうとしているのは分かりますが、

風呂敷を広げ過ぎて畳み切れなかった印象を強く受けました。

やはりサイコホラーをやるのであれば、「何故その人はそうなってしまったのか」をちゃんと描かないと

犯人の行動がいまいち理解できない(恐怖を味わえない)と思います。

本作でも過去の描写が少しありましたが、それだけは不十分で現実に起こしている殺人と比例していない。


とはいえ、脚本以外(映像面、ヒロインがみんな美人)は割と良かったので退屈はしない作品ではあります。

個人的には犯人の特徴を示す「ピエロ」と「ジオラマ」のアイテムをもっと活用してほしかったです。

■悪夢のエレベーター

個人的評価 ★★★★★★☆☆☆☆ 6/10

akumu.jpg

【STORY】
鋭い頭の痛みで小川順(斎藤工)が目を覚ますと、そこは急停止したエレベーターの中だった。一緒に乗り合わせたのは見るからにワケありな男女3人で、非常ボタンは故障し携帯電話は電池切れ、助けを呼ぶこともできない。なぜか互いの秘密を暴露し合うハメになった彼らがそれぞれに不信感を募らせる中、思いもよらぬ事件が起きてしまう。

【悪夢のエレベーター 予告編】(別窓youtubeへ飛びます)


男女4人がエレベーターに閉じ込めらてしまう物語。

予告編はほぼネタバレしているので、今から見ようと思っている方は要注意です。
(面白さ半減の可能性があります)

私はこの原作を持っているので、オチに関して驚くような事はありませんでしたが、

この作品の"コメディのようなサスペンス"という独特な雰囲気を上手く映像化出来ていたのは凄いと思いました。

また、キャストも絶妙でゴスロリ役をやった「佐津川愛美」が特に良かったです。


しかし、導入部分に引き付ける演出がないために中盤になるまで退屈だったのが否めない。

どうせなら最初にみんなが何らかの秘密を持っているのを臭わせておくと、

腹の探り合いの場面(序盤)が盛り上がったのではないかと感じました。


■全てを決める王子様

ビルボードランキングを見ていて、気に入った曲がありましたので紹介します。



ピアノと手拍子が綺麗です。
PVの構成も独特で色彩センスが良い。
じわじわ上がってきているのでこのままTOP10に食い込んでほしいところ。




映画「魔法使いの弟子」の挿入歌。
個人的にボーカルの声が好きです。



現在ビルボードランキング1位(三週目)の曲。
しかし先日コカイン所持で逮捕された模様。
日本だと干されてしまいますが、
アメリカでは逮捕される事で注目が集まり、さらに人気に拍車がかかったらしいです。


■ステップ・ファーザー

個人的評価 ★★★★★★☆☆☆☆ 6/10

step.jpg

【STORY】
マイケルが軍隊学校から家に戻ると母親が再婚していた。継父のデヴィドと親交を深めるが、そのうちに隠された闇の一面があることに気づく。


【ステップ・ファーザー 殺人鬼の棲む家 予告編(日本語字幕なし)】(別窓youtubeへ飛びます)


1987年の「W/ダブル」を現代版にリメイクした本作。

冒頭の殺害風景、不気味なBGMといい中々良い雰囲気を醸し出していました。

しかし、殺人鬼の目的である「家族殺し」の動機が一切語られていないので、

「家族は大切だ!」と変にこだわる理由がいまいち伝わってきませんでした。


ラストはホラーサスペンスに"ありがち"な展開の連続で少し拍子抜けしてしまいますが、

それでもスリラー作品としてはまずまずの出来だと思います。

先ほども述べましたが個人的には、

もう少し殺人鬼のキャラクターや行動を丁寧に描いてほしかったです。


■ゴーン・ベイビー・ゴーン

個人的評価 ★★★★★★☆☆☆☆ 6/10

gone.jpg

【STORY】
パトリックとアンジーは、ボストンで私立探偵として働く幼なじみのカップル。ある日、4歳の少女アマンダが誘拐される事件が発生し、その3日後、警察の捜査に限界を感じたアマンダの叔母夫婦が、街の裏側に精通するパトリックたちのもとに捜索依頼に現われる。誘拐事件では自分たちの出る幕はないと、あまり気の進まないままアマンダの行方を調べ始めるパトリックとアンジーだったが…。

【ゴーン・ベイビー・ゴーン 予告編(日本語字幕なし)】(別窓youtubeへ飛びます)


「正義って何だろう、子供の幸せって何?」

というように題材は重く、深く考えさせられる内容だったのですが、

前半のテンポの悪さが目立ち、終盤まで話についていくのがとても大変。

特に二人目の失踪者(少年)と犯人の抗争部分が長すぎて当初の目的を忘れてしまいそうでした。

この物語に終始出ていながら何の役にも立たなかった「アンジー」のような無駄なキャラや、

直接オチにかかわらない話を省くと、テンポが良くなってグイグイと引き込まれたような気がします。

とはいえ、終盤主人公と真犯人の考えや思いをぶつけるシーンはとても良かったと思います。


結局子供にとって幸せな選択はなんだったのだろうか。

もちろん主人公の選択が間違っているとは言いませんが、私なら一度児童施設に預けて

誰が一番親にふさわしいのかを第三者が介入して決めるべきだと思いました。

■デフロスト

個人的評価 ★★★★★☆☆☆☆☆ 5/10

defrosut.jpg

【STORY】
環境学者・クルーペン博士ら一行は北極で調査を行っていた。遅れて到着した博士の娘・エヴリンと4人の大学生も調査に合流するが、行き着いた先に北極グマの死体が転がっていて…。

【デフロスト 予告編(日本語字幕なし)】(別窓youtubeへ飛びます)


北極グマの死体から寄生虫が孵化し、人々を襲うパニックホラー作品。

まず、登場人物の無駄な行動や会話の矛盾が多くて違和感を感じる場面がありました。

その中でも一番だったのが、

「腕に虫がいるから切り落としてくれ」

「駄目よ!失血死しちゃうじゃない!」

「じゃあ焼いてくれ」

「分かったわ」

何故か包丁で切り落とす

一緒に見ていた姉も私と同様に「え?ど、どうして切り落としちゃったの?」と困惑気味でした。


次にこの映画では、「虫」と「環境問題」を軸に話が展開されています。

しかしそれよりも腕を切り落とすシーンの方が衝撃的だったので、

正直言って"それ"しか印象に残りませんでした。

なのでグロシーンを控え目にして、その代わりに虫の恐怖と人の心理描写をもう少し加えると、

違った恐怖が描く事が出来たのではないかと思いました。

全体としては、可もなく不可もなくの王道パニックホラー。

「ハプニング」や「フェーズ6」が好きな方にはお勧めできる作品です。


プロフィール

湾ピン

Author:湾ピン

【性別】男(社会人2年目)
【趣味】絵描き・アニメ・映画鑑賞・漫画・洋楽



↑自サイト

↑落書き置き場

カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。